calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

categories

archives

counter

ブログパーツUL5


ブビンガ(Bubinga)のシェイカー

0
     木材といっても、大まかに広葉樹・針葉樹とありますね。

    当工房でメインに使用しているのは針葉樹のいわゆるパイン材を多用しています。

    特徴は材料が柔らかく加工がしやすいこと、着色が比較的しやすいこと、なんといっても安価に手に入ることが大きいですね。

    とはいっても広葉樹の木材をポイント的に使用したりしています。

    まさに適材適所とはこのことによりますね。

    今日のブログのタイトル”ブビンガ(Bubinga)のシェイカー”

    ブビンガ・・・???

    ちょくちょく利用している木材樹木図鑑のお世話になりました。

    かいつまんで説明すると、マメ科 Guibourtia 属の広葉樹で、日本の和太鼓の胴(おっきなわっかの木の部分)の欅に代わりに、このブビンガが和太鼓の胴に利用されいるとのことです。

    私が大学・大学院
    に在学しているときの軽音楽部のドラム、いやリズム大先輩(ishiken先輩)がハンドメイドパーカッションを製作されていることを知ったのは、ツイッターからでした。

    悲しいことに震災の安否確認をしていた際、同級生から教えていただきました。

    そんなリズム大先輩の工房(PARKA Handmade Percussion)で日夜研究に研究を重ね、生み出されたシェイカー(SK201)が、こちらです。



    広葉樹の綺麗な木目が美しい、かつ2種類のサウンドが得られるシェイカーです。

    この夏に、友人のバンドが今年のフジロックに出演するとのことでしたので、お祝いも兼ね2個購入しました。(1個は自宅で使ってます)

    ちなみに、関西地区では初上陸とお聞きしています。

    普段はギターばかり弾いていますが、これを手に入れてからは子供と一緒にウクレレ&シェイカーで楽しんでいます。

    サウンドは乾いた音で、切れのいい気持ちいい音を奏でてくれます。

    やっぱり適材適所ですね。

    パーカッションは素人なのでそんな切れのいい音を刻めないのですが、デュアルサウンドが最大のポイント。なかなか素人でも楽しめます。

    上手な人が演奏すれば、それはそれはもう・・・。(デモ演奏はishiken先輩の演奏をご覧ください)


    今日は製作とは関係ないお話でした。



    ----------------------

    多くの方に良い家具を提供していきたいと思います。

    オーダー家具のスタジオ M&M (studio M&M)
    www.st-mm.net/



            
    | 1/1PAGES |